華強北の概要

華強北の概要

華強北概要

華強北は深セン市福田区と羅湖区の交差点に位置し、華強北商業圏東は上歩中路、西は華富路、南は深南路、北は紅茘路に至る、主要区域は長さ930メートルの華強北路歩行街、および両側の賽格集団と華強集団であり、華強北は中国最大の電子製品卸売市場であり、同時にビジネス、ショッピングとレジャーを集めた総合的な商圏でもある。

主な電気問屋街は、華強電子世界、賽格通信市場、新亜洲電子城、都市電子城、現代の窓商業広場、茂業百貨店などである。

発展史

1870年代後期、華強北の前身は電子、通信、電気製品を生産・加工する主な工業地帯であり、ここには多くの工場が林立していた。
1988年3月、賽格工業発展ビル1階の半区域が賽格電子市場に改造されたことに伴い、華強北電子市場が誕生した。

2008年に中国電子業界協会に「中国電子第一街」を授与され、中国規模が最大で、科学技術の含有量が最も高く、製品の種類が最も完備し、年間取引額が最大(4つの第一)の電子製品取引の集散地となり、中国の電子業界の風向標である。

2000年代は華強北の最盛期であり、当時の中国にはこのような大きな、しかも値段の安い電子市場が少なかったので、ここには中国全国からの人だけでなく、海外からの商人まで集まっていた。このとき、起業したい、金持ちになりたいなら華強北に行きという話があっちこっちで伝わられていた。実際に、華強北は大手企業が出てきた、たとえば、TP―LINKのような大企業(中国最大のルータがメーカー)、テンセントも当初は華強北にオフィスがあった。

それと同時に、華強北は「ニセモノの街」とも呼ばれていた、ここではかつて大量のニセモノの携帯電話や電子部品が大量に販売され、価格が安く、機能が本物よりも多様であり、当時は裕福ではなかった中国で人気があった。

2010年代に入り、電子商務の発展や、人民の消費レベルの向上に従い、華強北電子市場は下り坂になり始めた。
2017年1月、地下鉄の開通に伴い、もともと華強北は渋滞していた、雑然とした画面が歴史となり、街全体がよりおしゃれで、科学的に感じられるようになり、茂業百貨店と九方ショッピングセンターの2つの大型モールの開業に伴い、華強北は一躍、ビジネス、ショッピング、レジャーを集めた総合的な商圏となった。

2017年以来、多くの企業は自主的な開発に転換し、工場自社ブランドを創立し、華強北電気街は雑多、低品質から、デザイン感があり、個性化を追求し、品質も次第に上昇したていうイメージに変わった。

今後の期待

現在の華強北は往時ほど輝かしいものではないが、中国国内で一定の地位を有しており、また海外でも名声が高く、現在では華強北に電子部品を購入し、仕入れ以外に、見学に来ており、華強北という歴史的に幻な街を感じる人も大勢にいる。

交通

深セン地下鉄1号線:華強路駅。
深セン地下鉄2号線、7号線:華強北路駅。
深セン地下鉄3号線:華新駅

 

引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%8D%8E%E5%BC%BA%E5%8C%97%E5%95%86%E4%B8%9A%E5%8C%BA/11023232?fromtitle=%E5%8D%8E%E5%BC%BA%E5%8C%97&fromid=1817952&fr=aladdin

https://www.sohu.com/a/243401820_100003097

http://www.sznews.com/news/content/2019-04/01/content_21578659.htm

http://www.sohu.com/a/133019726_479829

https://www.sohu.com/a/243401820_100003097