華強北電気街は、その名の通り電子製品を売っている街である。現在、このような解決策のある商店が出たことは、華強北電気街が時代とともに高度に発展していることを表明した。

2019年9月18日、華強北華聯ビルの第一階でハイテク製品の「金禾知恵飲食販売機」が現れ、多くの市民の注目を集めた。このマシンは金禾国際が開発した新商品の販売機である。これは盛り場で「食事の難しさ・高さ、行列の長さ、食品安全」という難題を解決することに役に立つそうである。

華強北という人口が集中している消費場所では、食事の時間になると、どのレストランも行列ができる。一方、この全自動販売機がスマート技術を加え、食事の時間は2秒しかかからなく、業界の他のブランドの全自動飲食販売機と比べて10倍以上速いそうである。

さらに、飲食従業員から見れば、伝統的なレストランは店舗の所在地や内装、店内の従業員などの面で大きな資金を投入する必要がある。しかし、飲食販売機の出現により、伝統的な飲食業の経営形態が徹底的に打ち破られ、飲食従業員がこれらの面で投入する資金コストを大幅に削減することができるだけでなく、企業がウェイトをもっと食品のことに置くこともできる。

また、販売機のスクリーンでは、中央厨房のリアルタイム監視が見られる。料理人たちの忙しい姿、清潔な調理環境、標準的な操作プロセスは、市民が安心して食べられるようにすることができる。その同時、食品安全を保証するために、食品の賞味期限は3時間半しかない。賞味期限を超える食品について、機械は自動的に廃棄処理を行う。

 

 

 

 

 

Written by Yūkiko

華強北オタクドットコム:www.hqbot9.com

おすすめの記事