華強北電気街は、その名の通り電子製品を売っている街である。現在、このような解決策のある商店が出たことは、華強北電気街が時代とともに高度に発展していることを表明した。

2019年9月16日、「鴻雁iHouse全屋知能生活館」(以下は「iHouse」と略)は深センの華強北電気街で盛大にオープンした。iHouseは深圳華強北華強広場の4階にあり、総面積が300平方メートル近くある。顧客は館内で「スマートリビングルーム」などのシーンを通じて各種のスマートパネル、スマートライト、スマートドアロック、スマート浄水器などの先端技術製品を体験できる。

スマートリビングルームで、スマートパネルを使うと、映像、接客などのモードを実現することができる。また、異なったシーンの需要により、照明、カーテン、床暖房、エアコンのバックグラウンド音楽などの設備システムをコントロールできる。そして、台所に入ると、スマート浄水器を通した4級濾過された健康純水を飲むことができる。さらに、ベッドルームのエリアでは、スマートシャンデリア、ヘッドランプ、ライトバンドなどの光効果で好きな雰囲気を作っており、快適な夜を過ごすことができる。

現在、iHouseのスマートルーム、スマートパネル分野の特許数は400件以上に達した。そのうち、発明特許は半分以上を占めている。

 

 

 

 

 

Written by Yūkiko

華強北オタクドットコム:www.hqbot9.com

おすすめの記事