華強北商店街は深センの最も伝統的で人気のある商店街の一つです。ここでは、様々な電子製品を買うことができます。例えば、今回紹介する超小型のプロジェクターのことです。

産業チェーンの絶え間ない整備の下で、そして長年の急速な成長を経ち、中国のプロジェクター市場はすでに安定した成長期に入ります。そして、科学技術の進歩に伴い、プロジェクターもますます知能化してきます。

深センのプロジェクター企業の「大眼橙」を例にとりましょう。この企業は創造力と戦略のあるハイテク企業で、わずか二年間の技術配置を通じて、スマートプロジェクター業界の最先端に立っています。スマートプロジェクターのメインとなるホームシアターのコンセプトも徐々に人々のライフスタイルを変えてきます。では、今のスマートプロジェクターには何か特質があるのでしょうか。

華強北では、このような超小型のプロジェクターが見られます。小型で持ちやすくて、コストパフォーマンスが良いのはこういうポータブルプロジェクターの特徴です。

その最小サイズはIphone 8 plusと同じサイズですが、重さは携帯電話より少し重いです。一番お勧めなのは、ポータブルプロジェクターの4K解像度で100インチの画面が鮮明になり、画面の再現度が高くなることです。そのため、映画やドラマが好きな人にとって、ポータブルプロジェクターはいい選択です。こういうプロジェクターがあれば、いつでもどこでもいい動画が楽しめます。

 

 

 

 

Written by:钟珮瑜
華強北オタクドットコム:www.hqbot9.com

おすすめの記事